安芸郡府中町の歯医者さん 新生歯科医院の院長紹介

.jpg1220E.jpg

 

 

院長:河本 貴充(こうもと たかみつ)




【院長略歴】

平成2年3月~ 広島県立広島国泰寺高等学校 卒業
平成6年4月~ 島根大学法文学部法学科 卒業
平成10年4月~ 広島電鉄株式会社 入社
平成13年4月~ 広島大学歯学部歯学科 入学
平成19年4月~ 広島大学歯学部臨床研修医
平成20年4月~ 医療法人社団 東広会 まこと歯科医院
平成22年3月~ 医療法人社団 東広会 ゆめタウン広島歯科 院長
平成25年4月~ 医療法人 杉原歯科医院 (~平成27年4月)
平成25年10月~  伊東歯科医院 (~平成26年12月)
平成25年11月~ 藤原歯科クリニック (~平成27年4月)
平成27年6月~ 新生歯科医院 開院

 

【所属学会】

日本レーザー歯学会
日本口腔機能水学会

 

【資格】

歯科医師臨床研修指導医
学芸員
小型船舶操縦免許

 

【名前の由来】

『新生』という言葉を調べてみると、《① 新しく生まれ出ること ②生まれ変わった気持ちで、新しい人生の道へ進み出ること》とあります。
私たちの医院への来院をきっかけに、ご自身の口の中のこと・歯のこと・お口の健康が生活・人生にどのような影響を与えるのかということを生まれ変わったような気持ちで真剣に考えていただきたく、この様な名前とさせていただきました。

歯科医師になろうと決意したきっかけが、祖母が脳梗塞で倒れたことでありました。脳梗塞を起こした結果、口から食べ物を摂取できなくなり、とたんに身体が衰えていくのを目の当たりにし、食べるということ―つまり口から栄養を摂取すること―の重要性を強烈に認識いたしました。

健康で長生きをするためには口から栄養を摂ることが重要であるということを、一人でも多くの方に理解していただき、そのためにはお口の健康を維持し、高齢になってもなるべく自分の歯で食事ができるような口腔内環境を整えておくことを目標とし、健康寿命の延伸に貢献したいと考えています。

その祖母がかつて広島市内で美容院を営んでおりました。原爆での焼失を逃れたその美容院は、地域の皆様に親しまれ、お弟子さんも多く、美容師という職業を通して地域に貢献していたのだと誇らしく思っています。その美容院の名前が『新生美容院』でした。祖母と同様、地域の皆様に必要とされるような医院でありたいと思い、『新生歯科医院』とすることにいたしました。